会長挨拶 

2018-2019 年度

本 年 度  活 動 方 針 

      

                    会長 矢野 尚一

温故知新 
 learning history’s lessons.

八幡南ロータリークラブは、40年以上の歴史を綴ってきました。私はそんな中で、このたび会長を拝命いたしました。その重責を考えると、身の引き締まる思いがいたします。私の知るこれまでの歴代会長を思い浮かべますと、それぞれ立派な業績を残されています。私はその名誉を汚さないよう心がけていくつもりです。
さて、本年度のRI会長バリー・ラシンRI会長国際ロータリーのテーマは
Be the inspiration
「インスピレーションになろう」であります。
この意味を岡野ガバナーは、ロータリアン一人一人が「素晴らしいひらめき」を持とうと言うことではないかと考えられています
ラシン会長は、ロータリーは今も、そしてこれからもずっと、ポールハリスが思い描いた団体であり続け、それは、この地球上のあらゆる国の人たちが手を取り合い、自分を超えた素晴らしいことを生み出せる場所です。そして、私達は、地域社会で行動する力が世界的な影響を生み出し、力をあわせれば、たいていのことを実現できる能力とリソースを兼ね備えています。
全世界でロータリーはかってないほど重要な存在となっており、より良い世界を築くその潜在能力は莫大です。
一番大切なのは、前向きな変化を生み出し、私たちが今日直面する課題に勇気と希望、そして創造性をもって正面から立ち向かう意欲を、クラブ、地域社会、そして組織全体から引き出すための「インスピレーション」となる必要があるのです。と言っております。それを受け、2018-2019年度国際ロータリー第2700地区岡野正敏ガバナーのテーマは「寛容と思いやりそして和の心」であります。
ロータリーの基本は自由、平等、会員間クラブ間も平等です。RI会長は提案できるが強制は出来ません。RIや地区やガバナーは、クラブの上に立ち命令するものではありません。上から目線ではなく、下から支えるリーダーシップ、サーバントリーダーシップが役割であり、ロータリーはあくまでもクラブファーストであります。
多様な職業、年代、思考、価値観を背景とした会員の集まりであるクラブの会員を増強し基盤を高めるには、一人一人が「寛容と思いやり」を大切にすることが必要です。それが心を一つにしてクラブという御輿を皆で担ぐ力となるものと考えます。ワッショイの掛け声は゛皆で和を背負いましょう゛と言うことだと聞きます。「和の心」こそロータリーの原点であるクラブを支える原動力となります。と岡野ガバナーは、言っております。
私としましては、それぞれを鑑み次のように考えます。
われわれは太古の昔より和の心を大切にし、時に対立するものや相容れないもの和解させたり新しいものと古いものを融合させたりしながら新たな価値を創造する力を発揮してきました。
そのようなことから本年度は、調和する事を念頭において、温故知新をキーワードに、故(ふる)きを温(たず)ねて新しきを知るように、ロータリーの原点に基づき新しい概念を創造する事が肝要だと思っています。
それには、まずロータリーを理解していなければなりません。その為に、本年度は例会においてバズセッションをテーマ別に6回ほど行う予定です。その中から自ら学んだことを実践に繋げられるよう、同じテーマにて地区の委員長さんの卓話をいただきます。クラブの皆さんが理解納得していただきながら具体的な行動に移して参る所存です。
AIが世に出てきたことにより、我々のコミュニティのあり方さえ変化しつつある時代において、ロータリアンとしてのフィロソフィーを享受し、それに基づいたづいたメッセージを地域にも職場にも拡大いただければ、良き社会奉仕、職業奉仕になるように考えています。
お一人お一人が、ロータリアンとしての自覚と誇りを胸にアイサーブで活動し四つのテストを基本にこのフィロソフィーを拡げてまいりましょう。一歩踏み出す勇気、創造力で前進してまいりましょう。
各委員会において基本的には、地区研修・協議会での基本方針沿って活動しましょう。
・社会奉仕委員会は、青少年奉仕委員会と共に地区補助金での事業を創設していただきます。
・青少年育成としてのローターアクト創設の可能性について青少年奉仕委員会と長期計画委員会において協議を進めてまいりましょう。
・国際奉仕委員会には、台湾高雄巨港RCが本年度は来日しますので心からのおもてなし事業計画立案をお願いします。また、グローバル補助金を使用した事業の立案を求めます。
・親睦、健康管理委員会につきまいては、会員相互の親睦を深めるため定期的にメーキャップ可能な夜間委員会を開催してまいりましょう。
・会員増強選考委員会においては現状維持と純増2名(男性1名、女性1名)を実践してまいりましょう。
地域と密着した奉仕活動一緒に奉仕活動をしようと思う若者が増えてくる仕掛けの立案も一緒に考えてまいりましょう。
・会員の職業分類調査をし、地域社会にあるビジネスと専門職の実情に沿った会員基盤を築くために活動する、また増強をしてまいりましょう。
・ロータリー財団では、一般寄付、ポリオ、PHSに取り組んでまいりましょう。
・米山記念奨学会では、会員の皆さんに理解いただいて支援に協力していただきましょう。
PS:postscript
幸運を呼び込む秘訣、それは、自分自身を磨き、
他の人々の幸せに手を貸していくことです。
この世の出来事は心の写し絵だと言われます。
一致協力し合い頑張ってまいりましょう。

ホーム>会長

八幡南ロータリークラブ

      

例会