会長挨拶 

2021~2022年度会長方針

 本年度は、オリンピックイヤーです。コロナ禍で経済も含めて大変な打撃に
なっていますが、新型コロナワクチン接種が始まり、オリンピックまでには多くのワクチンが届きます。新型コロナが落ち着くことを期待します。

国際ロータリー会長 テーマ  (シェカール・メータ会長)
『奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために』(Serve to Change Lives)

2700地区 テーマ  (貫 正義ガバナー)
『取り組もう 基盤強化と超我の奉仕』

「不易流行」とは「新しみを探求した流行こそが、実際は俳諧の不易の本質である」という意味です。
 ロータリーは、ローターアクトと女性の活躍を基盤強化の重要な柱にするなどいろいろな変化が起きています。またコロナ禍の中、テレワーク・デジタル化の推進・ネット買い物・食事の宅配・家飲み等、仕事・生活のスタイルも日増しに変わってきています。時代の変化に合わせて我々も変わっていかなければなりません。
 ロータリーにとって奉仕が不易です。ロータリアンにとって人の役に立つことが不易です。
 以上のようなことから、本年度テーマは「不易流行~永遠に変わらないことを忘れず、新しみや変化も同様に取入れて行こう~」とさせていただきます。

具体的には、以下のような取り組みをしていきます。

  1. 会員増強目標 純増4名(入会声掛け運動・新入会員育成・会員維持)
  2. 第3グループ全体によるインパクトのある奉仕活動の計画・実施
  3. クラブ戦略(CLP)の策定実施
  4. 長期計画委員会で長期計画の策定
  5. ロータリー財団、米山奨学会への協力、寄付(地区目標の達成)

 大変な時期が続きますが、クラブの運営に皆様方のご指導とご協力をお願いします。



ホーム>会長

八幡南ロータリークラブ

      

例会